最近のトラックバック

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« パソコン | トップページ | 映画「サウルの息子」「ファントム・スレッド」「ラブレス」 »

2018年11月 6日 (火)

白内障手術

ごぶさたしました。

10月16日からと10月30日からそれぞれ 2泊3日で白内障の手術を受けました。 

16日入院17日 左眼手術、 
この時は意外に痛くはないものだな、と思いましたが、その夜は目が痛くその後、ゴロゴロ、 ヒリヒリ、チクチク感が10日以上続きました。 目は見えているし、赤くもなっていないのですが、とても心配でした。しかし11日間くらいで収まりました。 

30日に入院31日右眼手術のときは 術前、部屋では120台だった血圧が手術直前には 190台〈前回は180台〉でしたので、点滴で降圧剤を入れながらの手術でした。いかに怖がりで緊張するタイプか、ということですね。 
2回目は もう痛くはないはず、と思っていたこともあるかもしれませんが、麻酔の効きが悪いのではないかと思うほど痛かったです。でも目は絶対に動かせませんから、ガチガチの状態で我慢しました。 ともかく終わった時には疲労困憊、 ありがとう申し上げるにも声がかすれてほとんど出ない状態でした。

しかし、術後 2,3日少し痛重い状態でしたが、左眼のような、ゴロゴロ、ヒリヒリはありませんでした。

顔も洗えなければ髪も洗えない状態で過ごし、今日術後診察、問題なし! で通常の生活にもどってよし、となりました。目薬はまだ3種類さします。まだ数日はこわくて 顔を洗う気になれませんが 〈水が目に入らないよう〉

眼内レンズは 3種類〈私のかかった病院では多焦点は扱わない〉遠く、中間、近くが見えるレンズです。中間は0.6くらいだが、人によっては 0.4くらいになることもある、 というので、 遠くが見えるレンズをお願いしました。

おかげさまで遠くはしっかり見えてうれしいのですが、手元がよくみえません。 本、新聞が 読めないのです。 

パソコンのキーボードも少しにじんだように見えます。 画面も見みにくいです。 
気が付いて明度を下げ、少しズームして文字を大きくしてみました。
これで 一応見えるようにはなりましたが、疲れます。 

眼鏡は視力が安定するまで作れないそうです。

そういうわけで、ブログ更新はなかなかできないかもしれません。ホームページも止まったままですが、こちらは 資料を読む必要があるので、もっと無理です。 

当分退屈な日をすごすことになりそうです。 

« パソコン | トップページ | 映画「サウルの息子」「ファントム・スレッド」「ラブレス」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

alice様
白内障の手術は 私がお願いした病院でも 付き添いがあれば日帰りOKでした。
ただ私は 心配性ですので、病院にいたほうが安心と思い、入院することにしました。以前は1泊2日だったそうですが、今は規則が変わって手術前日から入院、ということで 2泊3日でした。
入院した日は することがないのですが、 当日は 朝7時から 散瞳して 8時から診察、手術1時間前に点滴開始〈輸液だけ、何か起こった時にすぐお薬がいれられるようにするためで、私の場合は降圧剤〉その後、順番に手術でした。
1回目、これなら次も大丈夫、とおもったのですが、2回目は地獄、〈ちょっとオーバーrですが〉  
ともかく痛いの大嫌い、血液検査や点滴の針を入れられるときもいつも顔を背けてしまます。

歯医者さんで 麻酔液が気管に、、、 というのはさぞかし苦しかったでしょうね。ほかのときでも 年のせいか気管に水分がはいりやすくなったような気がします。

kikuko様 
 お心遣いありがとうございます。
白内障の手術は簡単だった、ということを耳にしますが、怖がりにとっては恐ろしかったです。
私は目症が悪くて強度近視で、網膜に穴があきそうになって、razorを3回 それに最近は緑内障で 目薬2種さし、おまけに複視の症状が ごくたまですが でて、斜視がある、と言われました。 見た目は まったく普通なのですが。 
そういうわけでリスクの大きい目と言われました。もっとも手術をしてくださったお医者様は 大病院というのはそういう人の来るところだから、そして 私はこれまで30年やってきたけれど、事故は一回もなかったです、とおっしゃったので、おまかせする決心をしました。
体はどこが悪くなっても困りますが、 やはり 目は非常に大事ですので、あと数か月 目薬を差さなくてすむようになるまで 特別なことが起きないよう 祈るばかりです。
 でも本が読めないのはつらいです。

白内障の手術を受けた親戚が居て、日帰りだったというので簡単に考えていたのですが、それは大変でしたね。痛いのは怖いです・・・。先日歯医者で親知らずを抜いたとき、麻酔薬が気管に入って、
死にそうになったので、すっかり怖がりになってしまいました。
ブログは私もぼちぼちです。焦らないでのんびりいきましょうか。こちらはそろそろ平地は初雪が降りそうです。

 白内障の手術は想像以上に厳しいのですね。いずれは、お世話になる時もくるかもしれませんので、参考にさせていただきます。しばらくはお目を休めて、お大事になさってくださいませ。どうかレスなど、お気遣いなさいませんように。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白内障手術:

« パソコン | トップページ | 映画「サウルの息子」「ファントム・スレッド」「ラブレス」 »