最近のトラックバック

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 『見知らぬ人』エリ-・グリフィス著 | トップページ | 散歩 »

2021年10月 9日 (土)

デスクチェア

デスクチェアを買い換えました。

別に壊れたわけではないのですが、ある日主人が座って「これは座りにくい、新しいのを一緒に買いに行こう」と言いだしたのです。別に必要は感じていなかったのですが、買っていいのなら、と心が動き始めました。 

使用中(もう粗大ごみに出しましたが)の椅子

      21100904
10年くらい使用、古びていますが、まだ使えます。ただ確かに座り心地はよくないのです。高さ調節ももうききません。

主人はわりに最近デスクチェアを買い換えて非常に気にいって私にもいいものを使わせたいのです。でも主人が薦めるのは私の好みではなくさらに小柄な私に合いそうもないのです。

主人のはよくある背中がネット状でヘッドレストもついていてレバーを操作して体重をかけると背が倒れるタイプです。けれど私の身長では頭がヘッドレストのところに届かないし、体重が軽すぎてもたれても背は倒れません。(なさけないことに新幹線等も私はなかなかリクライニングできないのです)

椅子といってすぐ頭に浮かぶのは、去年テレビの「ノースライト」というドラマで見たブルーノ・タウトの椅子です。

    21100901

あれが欲しい!去年も探したのですが、今回も検索、同じものは売っていません。
でも椅子を買っていいなら何か探そう、やはりリビングやダイニングセットを買った飛騨の家具が頭がに浮かびます。
条件は木だけで布等張っていないことと、腕が付いていることです。食卓椅子でしばらく代用したのですが、腕がないと居眠りしたとき危ないのです。

これなら妥協できる、と思ったのがこれです。(カタログ写真から)

  21100902

あとでよくよくみてみると、これってウインザータイプをモダンにしたものではないかと気が付きました。だから気にいったようです。
でも、考えました。まず座の高さ、私のデスクは高さがたかいのです。その上パソコンがデスクトップですから、少しイスは高めにしたほうがいいのです。これではクッションで調節、ということになります。さらに回転しないと腕があるだけ机の前から出にくいはずです。しかし、こういうタイプもありました。

    21100903

これなら高さ調節可能で回転するので立ち上がるときにも便利です。でも姿が美しくない。ブルーノ・タウトからはあまりにも遠い。
どちらにするか、悩みに悩みました。実物をみて座ってみたい、でもこの会社は注文生産で実物を置いてあるところはないのだそうです。やはり実用性を第一とすべきでしょう。
木の材質は選べます。ウオルナットに決めて注文してしまいました。

待つこと一か月、今日、届きました。

さっそく座ってみました。びっくり、座り心地がいいのです。我が家の食卓椅子と座面は同じですが、背の傾きが少し違います。同じ飛騨の家具でも,ダイニングセットは キツツキマーク 今度のはシラカワという会社です(どういうものか 旭川工房、北海道でつくっているのでしょうか?)

そうして背中は丁度真ん中の背骨があたるところが抜けていて背中全体の当たり具合が気持ちがいいのです。この椅子、アタリでした。

       21100905
それにみかけも、大体上から見るせいか脚は気になりません。腕もとてもおきやすいのです。   

       21100906
今😊です。座面には手持ちの薄いクッションをおいていますが、丁度生活クラブでムートンのクッションを扱っていたのでそれのブラウンを注文したところです。
ますますパソコンの前座り込み人間になりそうです。

 

« 『見知らぬ人』エリ-・グリフィス著 | トップページ | 散歩 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

蝶々ふじん様
4泊5日の旅行からかえってきてお部屋にはいって、 そうだ、この椅子だったのだ、と嬉しくなってしまいました。
日本民藝館 行きたいと思いつつコロナ禍で行けず、 旅行の準備もあってそのままです。全体の造りもどっしりしていていいですよね。
柳宗悦邸にはまだいっていないので、 柳邸が開いている日に訪ねたいと思っています。
ホームぺージの写真をみますと、 ウインザーチェアが写っていました。
きっと有名な方が 作られたのでしょうね。

yk様
美的感覚と実用性を兼ね備えた素敵なデスクチェアーですね。ウオルナットのナチュラル感も気持ちが落ち着き、心地良さそうです。
5月に柳宗悦の日本民藝館がリニューアルされたので行ってきたのですが、木目の大きなダイニングテーブルに多分初期のものと思われるウィンザーチェアーがセットされていました。展示品だと思ったのですが、実際家族で日々使われていたようです。
日常生活にいいものを揃えると、気持ちが違いますね。特に椅子は、家族の歴史と未来を支えてくれるような気がします。

kikuko様
SHIRAKAWAの ダイニングセットをお使いでしたか。
張替えって買うほど費用がかかり、 一か月くらいは預けなければならないので、覚悟が必要ですよね。 私はリヴィングセットの三回目の張替えを まだ迷っていて、カヴァーを掛けてごまかしています。いまさら別のセットは考えられませんし、、、。このままごまかし続けるかもしれません。
これまでのデスクチェアは座面が体にあっていなかったのです。時々正座したりしていました。
新しい椅子はクッションなしでは長時間座るのは無理です。でもどの面も滑らかで気持ちがよくて しょっちゅうナデナデして嬉しがっております(バカみたいですね)。
主人の前の椅子は結婚以来50年使ってボロボロになりました。 
25年ならまだまだ大丈夫でしょう。いいものは持ちますね。

 なんとお優しいご主人様でしょう。お捨てになった椅子、お近くならいただきたいぐらいです。でも、新しい椅子はとても素晴らしい。家具の中で椅子がいちばん長時間お世話になりますから、いいものが欲しいですね。夏に張り替えたダイニングチェアも飛騨高山のSIRAKAWAです。新しいのを買ったほうがいいという方も複数いらっしゃいましたが、捨てられませんでした。デスクチェアーは、家を建て替えたときに設計の方のお勧めに従ったもので、もう25年以上使っています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 『見知らぬ人』エリ-・グリフィス著 | トップページ | 散歩 »