最近のトラックバック

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 映画「オフィサー・アンド・スパイ」をめぐって | トップページ | ガラスの盃 »

2022年7月10日 (日)

蛸唐草

蛸唐草という図柄を知ったのは2017年 足利の粟田美術館に行ったときです。展示されていたのは徳利でした。http://ykharuka.cocolog-nifty.com/blog/2017/04/post-0927.html

蛸唐草っていいな、とおもっているとき横浜高島屋の展示即売会でお皿をみかけました。
どうしよう、買おうかな、衝動買いするには二枚となるとちょっといいお値段、ためらって買わなかったのです。でも家に帰ってずーっと後悔。
一応名刺はいただいてあります。道雪窯という窯元です。有田まで買いに行きたいほどです。

その後、高島屋の食器売り場にいってもおいてありません。お店の人に聞いても「さあ?」 
ところが去年、食器売り場を見ていると「何かお探しですか?」そこで蛸唐草を探していると言いますと「ああこの前、蛸唐草ばっかりもって来たお店があったわ」「いつも五月頃来るから、今度来ることが分かったら連絡しますよ」

そうして今年五月、壱岐を旅行中スマホに連絡が入りました。

旅行から帰ってデパートに。明日までという道雪窯の出張販売の会期に何とか間に合いました。

蛸唐草の作品は色々ありましたが、考えていた19㎝の丸皿はありません。道雪の方は19㎝はここにはないが店には1枚だけあります。でも2枚ほしいのです。「6月に窯に火を入れますから、その時焼きますよ。5枚焼くので揃ったのを2枚選んで送ります」ということで予約しました。

待つこと2カ月。つい先日届いたという知らせがデパートから入り、引き取りにいってきた、というわけです。

それがこれです。写真では暗く見えますが、実際はもう少し鮮やかに見えます。

  22071001
なんと裏まで

  22071002

も見せて飾っておきたいくらいです。

しつこく

22071003

較べると微妙に違うところが、また手描きらしくて楽しいのです。

19㎝という大きさ、使い勝手がいいはずです。
お魚の切り身でもお刺身でも、気取らずギョーザなどを載せてもよし、和食でなく洋食でもキッシュやシェパードパイなどとりわて載せるのもよし、最初に何を載せましょう。ワクワクしています。

« 映画「オフィサー・アンド・スパイ」をめぐって | トップページ | ガラスの盃 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 映画「オフィサー・アンド・スパイ」をめぐって | トップページ | ガラスの盃 »