最近のトラックバック

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 2024年1月 | トップページ | 2024年3月 »

2024年2月

2024年2月21日 (水)

ミモザ

籠りきりで殆ど家から外にでていません。昨日は一昨日に続いて季節外れの温かさ。

久々に散歩に出ました。といっても坂道で動悸が激しくなってきたのですぐ戻って、マンションの中庭をぐるぐる回り。

ミモザがもう満開でした。

 24022101

ミモザを見ると、いつも南イタリアロマネスクの旅で泊っコセンツァのホテルを思い出します。ロビーに大きくミモザがいけられていて、その日(3月8日)は「ミモザの日」国際女性デーと呼ばれている、ということを知ったのです。
私は外に仕事に出た経験がないので、あまり感じないのですが、日本はジェンダー平等の面で非常に遅れているようです。

2024年2月17日 (土)

『暗殺者たちに口紅を』 ディアナ・レイバーン著

とっても楽しいミステリーを読みました。60歳の女性暗殺者4人組の話です。

暗殺者たちに口紅を』 ディアナ・レイバーン著 創元推理文庫

 24021701

ビリー、ヘレン、メアリー・アリス、ナタリーの四人はそれぞれ出自は異なるものの、ニ十歳の頃、「美術館」と称する暗殺者組織に見いだされ、訓練された人たちで四人組で仕事を任されてきました。それぞれ力技、とか毒薬専門とか得意分野があります。

もともとこの「美術館」という国際的暗殺組織はナチスの残党狩りのために作られたものです。しかしナチス残党があまりいなくなってからは独裁者、武器商人、麻薬販売人、性犯罪者など社会に害悪をもたらすような人物をターゲットにするようになってきています。

暗殺は理事会からの指令のもとに行われ、勝手にターゲットを決めることはできず、もちろん誰かから謝礼をうけとって 「殺し」を請け負うことはご法度です。 

こうして約40年勤めあげて、無事60歳、引退記念に理事会から豪華客船のクルーズをプレゼントされます。

大はしゃぎでクルーズ船に乗った四人は、あるきっかけから自分たちが消されようとしていることに気づき、、、。過去の仕事(殺しの)話を挟みながら、現在の迫ってくる危機に立ち向かう様子がコメディタッチで描かれていきます。

怖くない(といっても殺しの場面はスゴイですが)ミステリー。 

巻を置くあたわずの楽しさでした。

***

ところで私はNHKのドラマ「作りたい女と食べたい女」を観ています。そこで先日「フォンダン・ショコラ」を作る場面がありました。
フォンダン・ショコラは好きで、以前にも作ったことがあるのですが、中に別にがナッシュを入れるのではなく、そのまま同じ生地で焼くタイプでした。(それでも、ちゃんと中からとろり流れ出しましたが)

手間はかかるのですが、テレビのレシピでガナッシュを作るタイプをつくってみました。
3個分の材料でしたが、がナッシュが沢山できていたので5等分して5個作れました。
粉砂糖がなかったので省略。余った生クリームを泡立てて苺を添えました。 
ナイフを入れると少し緩いチョコが出てきました。流れ出すほどゆるくはありませんでしたが、美味しかったです。

24021702

 

2024年2月12日 (月)

『ポピュリズムに揺れる欧州政党政治』パスカル・ペリノー著

今年はアメリカ大統領選挙の年。共和党の指名争いではトランプ元大統領が圧倒的な強みを見せています。うーん。

そういう時新聞の読書欄にポピュリズムについての本の紹介がありました。そこで紹介された中で手軽そうな新書版の本を取り寄せました。手軽ではなかったです。

ポピュリズムに揺れる欧州政党政治』 パスカル・ペリノー著 白水社「文庫クセジュ」

 24020701
著者はフランスの右翼政党「国民戦線」(通称FN)研究の第一人者だそうです。
私にはこういう方面の知識がなく読解力もないせいだと思うのですが、翻訳が硬くて読みにくい本でした。

まずポピュリズムの定義ですが、カス・ミュデによると
社会というものは、、相対立するそれぞれ同質的な二つの集団ー純粋無垢の人民と堕落したエリートーに分けられるが、政治とは人民の一般意思の表現でならねばならないと主張するイデオロギーである

フランスのマリーヌ・ルペンの言動やドイツで極右ポピュリスト政党の存在については一応知っていましたが、この本によるとヨーロッパのいずれの国でもポピュリスト政党があり、2019年欧州議会選挙で獲得したポピュリスト諸政党の議席数は総議席751の内なんと230議席を占め、その殆どが急進右派なのです。まあ、アメリカのトランプ人気を考えれば納得かもしれませんが。

この現象について細かく章立てして歴史、左派、右派、ファシズムとの違いなど精緻に論じ、多元的な様相を示していますが、細かすぎて要約は難しいので全て省略、現代で問題になっていること、ここでは特にフランスにおける問題を扱っているのでそれだけを簡単に書いておきます。(他の国にもあてはまるところはあるように思われましたが)

経済的には脱工業化が進み、サービス経済がそれに代わった。そのため、産業資本主義では同質的な複数の階級からなる社会階層(労働者階級、農民、ブルジョワジー)イデオロギー(左派や右派)支持政党(共産党、社会民主党、キリスト教民主党、保守のブロック)などへの永続的帰属意識がひきおこされ強い忠誠心が再生産される、こういう時代は今や終わり、さらにグローバル化によっても見捨てられた、という意識だけが人々に残ったのです。

また彼らは雇用市場において外国人労働者との競争を余儀なくされます。→自国生まれ重視。移民の拒絶。

FNにとってEU は≪景気の後退、企業の国外への移転、各国人民の蔑視(EUを少数者からなる支配集団と見ている)ユーロ導入以来の価格高騰、我が国の農業の消滅、公共サービスの消失、大規模移民、ナショナル・アイデンティティの破壊»とうつっています。

ポピュリズムは、自分たちが仲介者を無視して直接に意思表示すべきだ→(燃料か買う高等に対して起きた)黄色いベスト運動もその一例。

筆者のみるところ、

民主主義は危機に瀕していると言えるが、彼らの観念は単純化されすぎている。

ポピュリズムの提起する問題

① 何事においてもますます即効性が求められる社会における人民主権
② 世界においてその克服がも求められる国家の地位
③ 不信感だけでは生き延びられない民主的システム内において、ますます一過性で変わりやすく、それでいて批判的な市民の自己表現
④ 個人主義的性格を強める大衆社会における集団帰属
⑤ 服従を受け入れようとしない社会における権威
⑥ エリートが語り、描く歴史の中でしばしば忘れられた人とも見える人民の地位、 など

そうして筆者は
われわれの民主主義は「短絡主義」や緊急事態優先からぬけださなくてはならない。今後の十年を目途に様々な政治プロジェクトが生み出され、それが雇用、成長、職業教育、さらには連帯などに関して、社会にとって大きな選択肢を提示するものになることが重要。
これからの数十年間、民主主義がもっとゆったり流れる時間を取り戻し、熟議、論証、意義付けのための余裕があたえられれば民主主義は生まれ変わるだろう。
と述べています。

詳細に検討されていて、この理由があるからこそ、と思われるところが殆どですが、そうなるとこの本全部丸写ししなければならないことにもなりそうですので、実に不十分ですがこのあたりで。

 

 

« 2024年1月 | トップページ | 2024年3月 »